魚ロボットが展示されたロボット・ワールドのブースです。10月31日の夕方のNHKニュースに出てました。

上の左から3人目が山本郁夫教授(工学博士)です。展示させて頂き有り難うございました。

中央(Yシャツネクタイ)がFAIS-ロボット・クラブの仕掛け人稲川直裕先生です。

本物と見間違わんばかりの泳ぎを見せる「鯛」ロボットの内部構造です。RC潜水艦と共通点もあります。

こちらも本物としか思えない泳ぎを見せるシーラカンス・ロボットです。各ヒレの動きも見事に再現しています。

こちらは、「華麗なる一族」のドラマ中で、豪華な池で泳ぎ、口をパクパクしながら餌を貰うシーンに出てきた鯉ロボットだそうです。動きも、まるで本物です。

学生達が作ったラジコン・ロボットも参加して、参観者を楽しませてくれました。色々と工夫して動きも中々のものでした。

ロボット・ワールドの隣の山本教授の研究ブースに展示させて貰いました。企業・大学のエンジニアも興味を示してくれました

R/Cリアル・フライト・シュミレーターは、女性にも人気がありました。

学生さんも通りすがりに楽しんでいきましたよ!

ヒロボーのXRBラマを1時間おきに飛行させましたが、大変人気がありました。結構“いやし系”の題材だった様で、時間になると何となく皆さん集まって来ましたね!!

北九州学研都市の「産学フェア」に参加

 若松ひびきのの大学院が集中する標題のフェアに10月31日、11月1日と2日の3日間参加させて頂きました。縁あって、FAIS(北九州産業学術推進機構)のロボット・クラブに加わっていますが、今回は魚ロボットで有名な、山本郁夫教授のロボット研究ブースにラジコンの展示や室内ヘリ、それにフライト・シュミレーターを持ち込み観覧者の方に楽しんで貰いました。