添田模型センターでは、2007年8月19日の日曜日に標記工作教室を開催しました。
13名の子ども達が集まり、全員が根気強く竹ひごの翼を組み立て、仕上げる事ができました。
 午後からはCFC飛行場で飛行させ、ワインダーで巻いたゴムの威力で想像以上の飛びに、
感動していました。

飛ばす前に、全員で出来上がったゴム動力飛行機を持って記念撮影です。

CFC○濱さんが手伝ってくれました。
(~_~)/花嫁募集中で〜す。

子ども達も工作の進め方を熱心に聞き入っています。3時間半以上の時間を頑張って作り上げました。

最初に手投げで、一人づつ機体の調整を行いました。
調整後は、CFC飛行場の真ん中に出て待望のフライトです。ワインダーを使ってゴムを巻き、最初は調整してあげます。2回目は自分で飛ばしてもらいました。良く飛ぶ機体は、木に引っ掛かって回収不能の物も・・・、想像以上に飛んでくれるゴム動力飛行機にビックリするやら、興奮するやらの楽しいイベントになりました。

添田模型センターの「夏休み工作教室」

=ゴム動力飛行機「A級ユニオン号」の製作と飛行=

CFC篠原さんもお孫さんを連れて手伝ってくれました。

子ども達の表情も真剣で、皆生き生きとしていました。
組み立て上がった主翼の点検で、ネジレを見ながら修正方法を説明していきます。