CFC:筑豊フライング・クラブ主催で、九模連後援の標記大会が6月3日(日)にCFC飛行場で行われました。梅雨入り直前の時期ながら、幸運な青空に恵まれ、楽しい飛行会となりました。競技内容は、競技専用機の「9分MAX」と発泡翼(EPP/EPO/スチロール等)の「5分MAX」の2種目で、どちらもサイズは自由なオープン・クラスで行われました。今回は、先週の日曜日にF3Aの九州2次予選があった事もあり、やや参加者が少なかったのは残念でした。それでも、どちらのクラスも3組ずつで、合計6組での組み分けにより各自が3ラウンドを飛ばされ、充実した内容のサーマル大会となりました。

《2012 CFC サーマル・グライダー大会》

参加者で記念撮影です。


受付けは、ひとみちゃんです。安藤家は、子供から強力な風邪をうつされて、マカを飲みながらの参加でした。


テレメトリーの効果やいかに・・・? 高度は129mを示しています。

午前中は2Rを消化してお昼となりました。


参加者は昼食付です。午前中の競技を終えて、楽しい団らんです。

昼食後の休憩時間に、菅さんはハンド・ランチを楽しんでました。
風は、お昼頃から少々強めに吹きはじめました・・・。

午後から残りの1Rを消化します。


競技終了後の表彰式です。入賞者には、CFCの田中信光 会長から表彰状が贈られました。

9分MAXクラスの入賞者です。左から2位:菅 俊彦/優勝:千々和克昭/3位:森川 昭(敬称略)

5分MAXの入賞者です。左から2位:坪根 峰弘/優勝:千々和 克昭/3位:山本 誠(敬称略)

←競技結果です。


今回の参加賞と景品は、盛り沢山となりました。景品取りの順番は、皆さんの意向により、ジャンケンで決めました。


豪華商品は、恒例の安藤とのジャンケン対決です。
競技の時も、これくらい真剣になりましょう・・・(^_^;)/

皆さんお疲れ様でした。